妊娠、胎児、母乳への放射線、放射能の影響は?

福島第一原子力発電所の事故により、東北はもちろん、関東でも放射能汚染の影響が心配されていますが、妊娠中の方、胎児への影響、乳児への影響はどうなのでしょうか。
インターネット上を色々調べてみました。

まず結論から言うと、かなり様々な情報が氾濫していますが、現在のところ直ちに影響が
あるということはないようです。

また水道水についても、東京の水道局で一時的に210ベクレル/kgという高い数値が出た※1とのことですが、こちらについても現実的にこれを飲んだとしても年間で許容されている被ばく総量を下回るので、影響はないとのことです。

※1暫定基準では一般が300で、乳児は100ベクレル/kgです。

ちなみに被ばく量で影響がでてくるとされているのは、一番感受性の高い胎児の被ばく総量で
100ミリシーベルト、あるいは一度に50mシーベルトに達した場合だそうです。
また、210ベクレル/kgの水を1リットル飲むことで乳児が受ける放射線量は約0.038ミリシーベルトになるそうです。

また乳児を母乳で育てている場合は、母乳に含まれる放射線量はさらに少なくなるので心配はいらないということです。

参考記事:
http://takeuchimasato.cocolog-nifty.com/inochi/2011/03/483-8eb6.html
http://www.radiology.jp/modules/news/article.php?storyid=912

もちろん今後の動向を見守っていく必要はありますが、現段階ではずっと高い放射線量を維持していたり、上昇し続けているわけではないので心配するほどの影響はないようですし、逆に妊娠中の方など心配しすぎてそれがストレスになってしまうほうが心配なので、気にしすぎないほうが良いと思います。

もし乳児の粉ミルクを作る時など、水が心配であればペットボトルの水を購入すると良いと思います。(なかなか手に入りにくいですが・・・・)
ただし、ミネラルウォータを乳児に与える場合は、軟水のものを使ったほうが良いそうです。
また、市販されているものは殺菌消毒されていないものがあるようですので、ミルクを作成する前に一度沸騰させて消毒したほうが良いとのことです。



これは補足ですが、最近やたらと耳にするようになった被ばく量やシーベルトという言葉。
なんとなく「被ばく」と聞くと、原爆を連想してしまいエェッー大変!と感じてしまいますが、普通に普段から浴びているものなのですね。もう少し勉強して冷静に対応する必要が
あると感じました。

-------------------------------------------------------
人体は年間およそ1〜2ミリシーベルトの自然放射線にさらされている(世界平均)。また、1回の胸部X線検査で浴びる放射線量は約0.2ミリシーベルトになる。世界原子力協会(WNA)の報告によると、一般成人のがんの発症リスクは年間50ミリシーベルトを境に上昇する。
-------------------------------------------------------
参考:ナショナルジオグラフィック

posted by キッカ   カテゴリ:妊娠するには

「おたね人参」で妊娠力促進!?

子供を授かるには妊娠しやすい元気な体を作ることが基本だと思います。

なかなか妊娠できないといって、知識だけ増やして頭でっかちになったり、せっかく薬や医者に頼っても不規則な生活やストレスを溜めるような生活を続けていれば効果は半減してしまいます。

しっかりした元気な体を作るために、食事、運動、休息は欠かせません。
新しい生命を体に宿すわけですから、まずは自分の体に生命力を蓄える必要があるわけです。

規則正しい生活と適度な運動、バランスの取れた食事を基本として、さらに不足分をサプリメントなどで補うことが理想だと思います。


サプリメントにはいろいろあると思いますが、お勧めなのが
「おたね人参」
です。

続きを読む
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠するには

不妊とストレス

不妊ストレスについて少し調べてみたので紹介したいと思います。

ストレスが体に良くないことは知られていますが、妊娠に対してどんな影響を与えているのでしょうか?


続きを読む
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠するには

妊娠するには葉酸が良い?

妊娠するには葉酸が良い?

葉酸ってあんまり聞かない栄養素ですが、妊娠するには結構重要みたいです。

特に妊娠初期に胎児の神経系の欠陥を防ぐ役割があるそうなので、妊娠を臨む人、または妊娠初期の人は努めて摂取するようにすると良いそうです。

では、どれくらいの量が必要で、どんな食材に葉酸がふくまれているかですが、

まず必要な摂取量は妊婦の方は1日に400mcg(マイクログラム)です。
どんな食材に含まれているかというと、緑黄色野菜、例えばほうれん草や、ブロッコリー、アスパラガスなどに含まれています。

調べたところによると、葉酸を食事で400mcg取ろうする場合、
ほうれん草の場合7株、ブロッコリーは8房、アスパラは11本に相当します。

結構な量が必要ですね・・・。
しかも調理する過程で含有量が下がってしまうので、もっと食べないと必要な摂取量に届きません。

実際にはこの量を食べるのは現実的に厳しいので、サプリメントを利用すると良いと思います。

葉酸はビタミンB群と一緒に取ると良いそうですよ。
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠するには

排卵日のおりもの

排卵日を知る手段のひとつにおりものの状態を見る方法があります。

妊娠するためには、排卵日の予測が重要なので、基礎体温と併用して、おりものもチェックすると良いかもしれません。


おりものは排卵日に近いほど粘性が増します。
清潔な手(人差し指と中指)を膣の奥へ突き当たるまで入れ、指でおりものをとります。

そして親指と人さし指でつまみ、離してみて伸び具合をみます。

もしいっぱいに伸びるようなら排卵日当日と見ることができるそうです。
タグ:排卵日
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠するには
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。