妊娠しやすい排卵日を予測する排卵日検査薬が解禁へ

Yahooニュースに以下の記事が出ていました。

-------------------------------------------
政府は30日、妊娠しやすい排卵日を予測する排卵日検査薬について、医師の診療と処方箋がなくても薬局で買えるように規制緩和する方針を固めた。

 厚生労働省が検査薬を薬局で販売する際のルールをまとめた上で、2014年度中にも販売できるようになる見通しだ。

 薬局で販売が認められている検査薬は現在、〈1〉妊娠〈2〉尿糖〈3〉尿たんぱく――の3種類のみ。排卵日検査薬の解禁をめぐっては、誤診の恐れがあるとして、日本医師会が慎重だったが、30日の規制改革会議の健康・医療ワーキンググループ(作業部会)で、健康診断に代わるものではないとの位置づけで、認める方針に転じた。

 がんなどの病気の兆しを把握するため尿に血が混じっているかを調べる尿潜血検査薬についても、市販解禁の対象とする見通しだ。
----------------------------------------------------------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140130-00001491-yom-soci

2009年6月から施行された薬事法改正で一般のドラッグストアから姿を消した排卵日検査薬。
病院や調剤薬局、処方箋の受付をしているドラッグストアのみでの販売になり、常用していた
方にとっては手に入れ辛くなりましたが、また元に戻るようですね。

妊娠を望むカップルにとっては購入しやすくなるので有難いですね。

どこかのサイトの記事で見たのですが、一部のカップルは逆にコンドームなどの避妊具を使わずに、
排卵日検査薬を使って避妊している人もいるようですね。。。
とても勧められたものではないですが、そういうニーズの方にとっても良いニュースだと思います。

排卵日検査薬は基礎体温などと併用するとグッと排卵日を予測する確率が上がるので、なかなか妊娠できない
と感じている方は利用してみてはいかがでしょうか。
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠 基礎体温 日記

「原因不明不妊」について

原因不明不妊に関する記事がYahooに出ていたのでご紹介します。

この原因不明不妊は文字通り、不妊の原因が特にないのになかなか妊娠できない
ことを指すそうです。

不妊の定義は、日本では2年以上夫婦生活があっても妊娠しない場合、「不妊」と
定義付けられます。(ちなみにアメリカの場合は不妊の定義は1年)

不妊に悩む人が、専門病院で卵管やホルモン値などに異常がないか検査を
受けても異常がないケースも多々あるそうです。

このような場合、妊娠するために以下のようなステップで治療を進めます。

1.タイミング治療 ・・・排卵の時期を特定して性交のタイミングを合わせる。
2.人工授精 ・・・排卵に合わせて採取した精子を注入する。
3.体外受精 ・・・卵子を採取したうえで体外で夫の精子と受精させ、数日間培養
した後に子宮内に移植する。

不妊治療を行う夫婦にとっては毎月、妊娠したのでは・・と期待し、生理が来ると
失望を繰り返すため、精神的にしんどいそうです。
もちろんその間にも時間は過ぎていきますので、年齢的なプレッシャーもあることでしょう。

妊娠しやすい年齢は、統計上、女性は26歳まで。男性は40歳を超えると妊娠率が
下がっていくそうです。

昨今の晩婚化によって不妊について悩んでいる夫婦の割合は年々増加し、最近では6〜8組に
1組が不妊に悩んでいるとのことです。

生活スタイルが昔に比べ多様化していますし、芸能人の方などが40歳を過ぎて普通に子供を
生むようなニュースを見ると、なんとなく30歳、40歳になっても子供が当たり前に生めると
思う方もより増えてくるかもしれませんね。

高齢出産の定義を調べてみると、高齢出産は35歳以上の出産となっていました。

高齢出産のリスクは30歳を超えた頃から徐々に高まっていくそうですが、35歳前後を境に
それまでよりも急速に出産のリスク(不妊やダウン症など)が上がることが理由のようです。

平均寿命は一昔前に比べて延びているので、それに伴い出産適齢期も延びているような気が
しますが、実は出産適齢期は昔とあまり変わっていないらしいです。

やはり子供を生むには20代というのを意識しておく必要がありそうです。



posted by キッカ   カテゴリ:妊娠 基礎体温 日記

ネットで妊娠検査薬が買えなくなる!?

2009年6月から薬事法の省令改正で、一部の医薬品(というか殆どの薬)がインターネット上の通販で購入できなくなりました。

医薬品には、第1類医薬品〜第3類医薬品に分けることができますが、
今回の省令改正によりこのうちの第1類及び第2類医薬品がネット通販で購入できなくなりました。
(※5月31日までにそのショップで購入した方、離島に住む方は除く)

これにより一般的な風邪薬や妊娠検査薬などもネット通販では購入できなくなりました。

厚生省は人体に影響のある薬は対面販売が基本という姿勢で今回のような改正をしたそうですが、個人的には国民の利便性を著しく損なう改悪だと思っています。

薬局で購入したからといってどれだけ薬の使い方など安全性が指導できるか疑問ですし、購入者にとってみればそこまで求めていないことが殆どだと思います。
服用方法に不安があればネット通販でも買う際にきちんと質問できますし、私はこの制度が実態とかけ離れた制度であると感じずにはいられません。

多くの通販会社は当然この制度に納得できず厚生省に対して抗議や行政訴訟を起こしているそうですが、これが完全に施行されれば私達は一般的な薬や妊娠検査薬を薬局でしか購入できなくなり大きな負担(費用や手間)を強いられることになります。

今後この制度が廃止されることを祈りつつ、この経過を見守りたいと思います。
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠 基礎体温 日記

スパムコメントが・・・

最近の困り事。

妊娠基礎体温ダイアリーのサイトにまったく関係のないコメントが消しても消しても書き込まれます。

サイトに全く関係ないものや、英語のコメントなどいろいろですが、なぜそのようなことをしているのか理解できません。。。。

コメント禁止にしてしまえばいいのですが、時々ちゃんとコメントを書き込んでくれる方もいらっしゃるので、全面禁止にするのもどうかなーなんて躊躇しています。

スパムコメントなど除外できる仕組みがあれば便利なんですけどね〜。
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠 基礎体温 日記

12月は妊娠が少ない? 忘年会と妊娠

インターネットをぶらぶらと検索していて、一つ興味深い記事を見つけました。

そのタイトルは「12月は妊娠が少ない?」というタイトルで、12月と妊娠がいったいどんな関係があるのだろう?と追って読んでみると以下のような理由らしい。

12月といえば忘年会。この忘年会が妊娠を少なくしているそう。どういうことかというと、外で働く夫、妻、または両方は12月になるとどうしても忘年会に出ることが多くなります。多い人は週に何回も忘年会があったりします。

そうすると妊娠したい夫婦にとって大事な妊娠のチャンス(排卵日)を逃すことが多くなり、また暴飲、暴食によってホルモンバランスが崩れて妊娠しにくくなることもあるとか。

一月たりとも無駄にできないと考えているカップルは、この12月はしっかりとスケジュール管理する必要がありそうですね。
タグ:妊娠
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠 基礎体温 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。