ネットで妊娠検査薬が買えなくなる!?

2009年6月から薬事法の省令改正で、一部の医薬品(というか殆どの薬)がインターネット上の通販で購入できなくなりました。

医薬品には、第1類医薬品〜第3類医薬品に分けることができますが、
今回の省令改正によりこのうちの第1類及び第2類医薬品がネット通販で購入できなくなりました。
(※5月31日までにそのショップで購入した方、離島に住む方は除く)

これにより一般的な風邪薬や妊娠検査薬などもネット通販では購入できなくなりました。

厚生省は人体に影響のある薬は対面販売が基本という姿勢で今回のような改正をしたそうですが、個人的には国民の利便性を著しく損なう改悪だと思っています。

薬局で購入したからといってどれだけ薬の使い方など安全性が指導できるか疑問ですし、購入者にとってみればそこまで求めていないことが殆どだと思います。
服用方法に不安があればネット通販でも買う際にきちんと質問できますし、私はこの制度が実態とかけ離れた制度であると感じずにはいられません。

多くの通販会社は当然この制度に納得できず厚生省に対して抗議や行政訴訟を起こしているそうですが、これが完全に施行されれば私達は一般的な薬や妊娠検査薬を薬局でしか購入できなくなり大きな負担(費用や手間)を強いられることになります。

今後この制度が廃止されることを祈りつつ、この経過を見守りたいと思います。
posted by キッカ   カテゴリ:妊娠 基礎体温 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。